member


guitar&vocal:ハジメ
bass:マエダ
drums:極薄亭ゴム太郎

profile


(blog第一回目より抜粋)

ロデオホドリゴ結成秘話


 今日は日記の第一回目ということで、ロデオホドリゴの活動の経緯について書きたい。

 まずは私とゴム太郎の出会いについて。  2人は大学のサークルで知り合った。
 下ネタ、爆音、ナンセンスを好む2人は互いに音楽的に刺激し合い、人間的に軽蔑し合うようになった。 2人は場違いな場所で場違いな音楽を演奏することを好んだ。 下ネタが嫌いな客がいると知ると、必ずステージで「まんこ!まんこ!」と叫んで笑った。 よく葬式などで空気を読まずに騒いでいる子供がいるが、そういった子達が反省しないまま大人になったら彼らのようになるのだろう。

 そんな我々にギターのタジカが加わり、ロデオホドリゴが結成されたのは2003年の夏だった。 タジカは粘土が主食だった。 タジカは結局、ライブに一度出演しただけで脱退してしまった。 「普通の明太子に戻ります」という言葉を最後に彼は日本語を発しなくなった。

 「これからロデオはどうしたらいいのか。」そう尋ねるとタジカは黙ってそっとカマキリの卵のようなものを差し出した。 「この卵の中にロデオの次なるメンバーがいる。」そう確信した私は熱心に卵を育てた。 生まれてきたのはカマキリだった。 カマキリはレタスをたくさん食べ、シブチンと名乗るようになり、ロデオホドリゴのベースとして活躍するようになった。 シブチンはレタスにマヨネーズをかけてやると喜んでよく食べる。

  そんなしぶちんが2011年9月、産卵期に入る為に脱退し、翌年その卵からマエダが生まれ、ベースを務めている。

inserted by FC2 system